ジルカラコン新作シフォンはハーフ系?

まさかジルシリーズからこういうタイプのシリーズが出るとは思いもしませんでした。
というのもまず、DIA14.2mmという点。
1年使用はハニーバニー、シャーベットの14.8mmという大きさからスタートでしたので、14.2mmという大きさにまず驚きです。
そしてデザイン。
装着画像を見ていきましょう。
カラバリは3色です。

ジル シフォン ブラウン
ジルシフォンブラウン装着画像

ジル シフォン ブラック
ジルシフォンブラック装着画像

ジル シフォン オリーブ
ジルシフォンオリーブ装着画像

オリーブというカラーは薄いグリーンて感じですが、言葉では表現できないデザインでしょう♪

ハーフっぽさもある可愛いデザインではありますが、大きすぎないのがいいですよね。
結局ジルのすごいところって他に似たようなのがないんです。
このシフォンもかなり特徴的ですもんね。
そりゃ欲しくなります♪

最近のGLAMはジルシフォンのような派手なのも多い

私が思うに最近のGLAMって今回のジルカラコンのシフォンのようにちょっと派手目なのが多いかなって印象があります。
例えばロデオのヴォヤージュもそうですよね。
パラオとかもそうですし、ワイキキもそうですが、ナチュラルに盛るというのとはちょっと違うかなと思います。
REVYはラスターになって14.0mmという小さめもでましたし、ヴォヤージュのパラオは14.0mmですから、小さめですね。
言い方を変えるとバリエーションがすごく増えたような気がします。
共通して言えるのは、やはり独自性ではないでしょうか。
昔とは違い、身近になったカラコンですから、種類も劇的に増えています。
その中で、同じようなデザインばかりでは飽きられてしまうとも考えられます。
私としては、そのほうがありがたいというのはあります。

そういえば先日GLAMの公式サイトを見てるとブロガー募集ってのがありました。
何でもいろいろいいことがあるみたいなんで詳しくまた見てみようと思います。
その時は時間がなくてきんと読めなかったんです。パソコンから見たんですが、どうもリニューアルされたみたいですね。
シフォンの繊細はデザインは他は真似できないのではないかな。

関連記事

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑